齲蝕の診断とリスクコントロール

齲蝕の診断があいまいなものであれば、リスクコントロールは難しいものとなってしまいます。予防歯科の普及の一方で、コンセンサスの得られていない側面も持ち合わせることから、その基準がどのように扱われているのかを解説しました。

インプラントバブル

インプラント治療が臨床的に優れているという理由から流行があったとおいう面もあるのかもしれないが、その他の事情もあったことは確かである。この記事では「その他の事情」について解説している。

L*a*b*表色系とは

歯の色調変化を感覚によるものから数値での普遍性の高い判断の出来るものとしてL*a*b*表色系や色差ΔEを利用するようになってきています。そこでこの記事ではこれらにL*a*b*表色系や色差ΔEについて解説しています。