アバットメントとは

アバットメント

歯を抜去すると抜歯窩周辺の歯槽骨が吸収してゆき、大きく変化してしまう時があります。本来、インプラント長軸方向に咬合圧がかかる位置に全てを設定できることが理想的です。けれども、そもそも歯を喪失してしまう環境であることもあり、その条件は初めから厳しいものであると考えておかなくてはいけません。アバットメントとは、そのような厳しい条件の所に埋入されたインプラント体と、噛み合わせを受ける上部構造をつなぐ、重要な役割を要しています。このアバットメントの形状やメカニクスによりインプラントの維持や細菌感染の被害の大小も影響を受けます。今回は、アバットメントはどのようなものなのか、そのメリットとデメリットなどをお話ししてゆきます。

インプラント体との連結機構

アバットメントの特徴についてお話ししてゆく場合には、インプラント体とどのような連結機構であるかが重要な論点になってきます。それらは大別すると以次の3タイプになります。

1,エクスターナルジョイント型
2,インターナルジョイント型
3,テーパージョイント型

これらについて以下お話してゆこうと思います。

1,エクスターナルジョイント型

エクスターナルジョイント型のアバットメントの特徴は、インプラント体トップの外側に六角形のナット状をした回転防止機構を有しているところにあります。もしくはスプライン構造という形状を有しているものもあります。この型は機械加工が用意であり、規格化しやすく同一のシステム間において互換性を持たせやすいという利点があり、現在でも幅広く応用されています。

エクスターナルジョイント型のメリットとデメリット

メリット

エクスターナルジョイント型はもともとインプラント体の埋入の確実性を上げるために設計されています。そのため、インプラント体の外部に回転防止機構があるために、埋入時の器具操作が見えやすいとい利点があります。また、そのおかげで着脱の自由度も高く扱いやすいため、上部構造の製作も容易であり、多くのシステム間で互換性を持たせやすい構造になっています。

デメリット

インプラント周辺器具の充実や、操作方法の簡便化、インプラント体の表面性状の向上に伴い、インプラントをオッセオインテグレーションさせることに関してはあらゆる習熟度において容易になりつつあります。その為、インプラント体の埋入のしやすさについてはその他の形状と比べても大してメリットにならなくなってきています。また、エクスターネルジョイント型の外部結合機構には、そもそも回転や側方圧に対して限界がありますので、抗離脱・抗動揺効果はその他のシステムと比べると明らかに低いです。このことにより、アバットメントに緩みが生じやすく、コンポーネント間の微小漏洩によるインプラント体の感染を招く事があります。このデメリットを補うほどの適応性があるかどうか厳格な判断が必要になってきます。

2,インターナルジョイント型

インターナルジョイント型はインプラント体内部に回転防止機構を有しています。その内側回転防止機構にはいくつか種類があります。

内部六角型
内部八角型
トライチャンネル
内側ノッチ
回転防止機構なし

インテーナルジョイント型のアバットメントは、連結部分がインプラント体と長く接しているため、エクスターナルジョイント型と比して機械工学的に側方圧に対する抵抗力が大きく、応力集中の状態も全く異なります。これらの他にも利点が多いことから、使用される頻度が増加傾向にある形状で、多くのシステムが最も開発に力を入れている堅になります。インプラント治療のよくある謳い文句に、有力なメーカーであれば修復などの点を考えて数年先まで安心して使用出来るというお話があります。けれども、残念ながらエクスターナル型を使用している所も少なくありません。有名メーカーで且つ、このような型の流れも考慮しなければその恩恵は受けられないでしょう。

インターナルジョイント型のメリットとデメリット

メリット

インターナルジョイント型は着脱の自由度が高いにもかかわらず、アバットメント連結が行いやすいという特徴があります。また、微小な動揺や転覆力に非常に強く、アバットメントの緩みが生じにくいです。さらに、エクスターナルジョイント型と比して埋入深度が浅くて済み、適応症の拡大や事故の危険性の軽減が大きなメリットとなっています。

デメリット

回転防止機構にある極微小な”遊び”によって、コンポーネント間の微小漏洩は完全には防ぎきれません。その為、感染がインプラント体に及ぶということもみられます。また、他のシステムとの互換性に乏しいため、医療機関によってはリカバリーしてもらえないことも考えられます。また、内部にテーパーがないので連結を計画した際に平行性が取れなかったりすると、装着が困難になることがあります。

テーパージョイント型

歯科でのテーパーとは角度のことを意味する場合が多く、テーパージョイント型というのもインプラント体内側に角度がついているもののことをいいます。このテーパー状の連結部に円錐状アバットメントもしくはスリップジョイントで結合するものがあります。これらをねじ込んでいくとテーパー部を押し広げ、楔効果により強固に固定される構造になっています。

テーパージョイント型のメリットとデメリット

メリット

テーパージョイント型とインプラント体のヘッド部との関係はスリップジョイントという形態になっています。そのため、上部構造とのインターフェースがインプラント体のショルダー部に存在するものと、アバットメントに存在するものとに分ける事ができます。このことをプラットフォームスイッチングといいます。これにより、上部構造とアバットメントの間などの微小漏洩を生じさせやすい部分を歯肉縁上に位置させる事ができ、インプラント体の感染を防ぎやすくする事ができます。そもそも、楔効果により固定が強固な上に緩みにくく、その上機密性が優れているので、このタイプのアバットメントは感染に強い構造と言えます。

デメリット

アバットメントとの結合が強すぎるため、除去や交換が困難になってしまうことがあります。また、まだ回転防止機構を有するシステムが少ないので互換性などにも問題がないわけではありません。