インプラントの禁忌

適応症

身体的な条件として、インプラントは上顎骨及び下顎骨の無歯顎・複数歯欠損・単独歯欠損などの機能的・審美的な回復が必要な場合に適しています。後述する身体的な禁忌症以外の場合で適応可能とされています。また、患者さまのご要望も考慮してその適応症を判断してゆきます。インプラントと歯内療法などのように、必ずしも適応症と判断できないものもあります。色々な先生の見解を聞いて判断してゆくことが大切なことです。

また、以下のような状況においては、その他の治療方法よりもインプラントによるメリットが大きいです。そのため、これらの場合では選択の上位としてインプラント治療が考えられます。

・入れ歯をやめたい方
・遊離端欠損
・事故などによる欠損
・発音が気になる方
・接客業など見た目を重視する方
・歯を削りたくない方
・ブリッジができない方

基本は既存骨・内側性

インプラント治療がその後も有利に機能できる条件として、既存骨に埋入することが望ましいです。つまり、自分自身の骨で、かつ十分に量(幅と高径)があるボジションにインプラントを埋入することが基本的には条件が良いとされています。

ただ、歯が欠損するくらいですから、重篤な虫歯の既往や歯周病の既往が考えられます。そうであれば、骨の条件が整うこともなかなか難しいことがあります。その際に用いられる方法として造骨・骨造成があります。

この骨造成は、例えば、かつて大腿骨から移植することもありました。大腿骨から骨を切り取って、インプラント埋入を計画している近くの骨にピンで留めて骨が結合するのを待つという方法がありました。しかし、このような骨の外側に移植する方法は上手く行かないか、長期的予後が得られないことが多く見受けられました。さらに、大腿骨は長形骨という分類をされる骨で、骨内骨化という様式で骨になります。これに対して、下顎骨は同じく骨内骨化の様式を取りますが、上顎骨は膜内骨化という様式で骨を作ります。つまり、骨化様式の違いから骨造成が出来ないということが生じます。

内側性

これらのことを踏まえると、既存骨にインプラントが出来ない場合、次に選択される条件は内側性です。周りに自分の骨や軟組織があり、その内部に骨造成を行うことは比較的に長期的な予後が良いと言われています。具体的には、上顎の場合、上顎洞という解剖学的構造物の内部に骨造成を行い、その部位にインプラントを埋入をする、下顎の場合、骨を裂開させて内部にインプラントと骨造成を併用するなどをします。

ショートインプラント

それらが難しい場合には、下顎管や上顎洞などの解剖学的に問題の生じやすい部位を避けるために短めのインプラントを使用することも検討されます。この場合は、できるだけ太いインプラントを使用するか、ショートインプラントを他のインプラントと連結するなどの工夫が必要とされています。

インプラントの禁忌

相対的禁忌症

・代謝性骨疾患を有する者
・管理不能な全身性疾患を有する者
・薬物・アルコール乱用者
・口腔衛生状態が悪い方
・非協力的な者
・チタンアレルギーを有する者
・口腔乾燥症を有する者
・精神疾患を有する者
・骨の成長が見込める者
・ステロイド服用者

原則禁忌症

・タバコの乱用者
・妊婦
・口腔内粘膜異常(扁平苔癬など)
・顎関節症
・糖尿用患者
・放射線治療歴のある方
・ブラキシズムのある方
・歯周病が治癒不全の方
・口腔衛生状況の悪い方
・出血性疾患を有する者
・解剖学的に問題のある骨の者

一時的禁忌

。骨量が不十分
・残痕状態