インプラント概要

インプラントとは

インプラントとは、骨に埋め込む人工歯根(インプラント体)とアバットメント(連結する土台)と上部構造(被せ物)を合わせた総称です。インプラント体とアバットメントが分かれているものを2ピースインプラント、一体化したものを1ピースインプラントと呼び、使い分けがされています。

一般的には2ピースインプラントが主流とされていて、基本的には1回目の治療でインプラント体を骨に埋め込む手術が行われ、アバットメントを取り付けるために2回目の手術を行います。インプラント体が骨に結合することを骨性癒着(インテグレーション)と言いますが、これを確実に生じさせるために一度歯茎の中に置いておく必要があるためにこのような術式が採用されています。

一方、1ピースインプラントはインプラント体を骨に埋め込んだ時点で、アバットメントが歯茎から出ている状態になります。この際に隙間を生じさせることなく縫合することで骨性癒着を促します。隙間が空いた場合は唾液による感染が起きかねないなどが言われています。

インプラントは、インプラント体・アバットメント・上部構造は同一規格にんなっており、他メーカーのインプラントと互換性がないものも多いです。ですので、ずっと同じ歯科医院に通えるようであれば問題はありませんが、引越しなどで転院が必要な場合が生じた際にはインプラントメーカーの国内シェアが小さいものだと治療の継続が難しくなってしまうので注意が必要です。

(インプラントの種類へ)※将来ここにリンクを貼る予定です

上部構造は主に歯科技工士による作業になります。そのまま金属を使う場合もありますが、セラミックを使った被せ物にする場合が主流です。

上部構造のアバットメントへの取り付けは、セメントによる固定とネジによる固定があります。一般的にはセメントによる固定が主流になりますが、取り外して修理をする可能性を考慮してネジによる固定をする場合もあります。ただ、ネジによる固定は噛む面にネジ穴が出来てしまい、その中に食物や菌が入ってしまい骨に埋め込まれたインプラント体に影響が及んでしまう可能性があります。それと改善するためにネジ穴に蓋をすることもあります。

インプラント治療の流れ

相談

インプラントの希望の有無、費用、手術への抵抗感、服薬や基礎疾患の問診、大まかな骨の診断と、その状況に応じた予後などについて相談します。

検査

CT写真撮影、コンピューター分析などが行われます。また、場合によっては金属アレルギー検査や血液検査なども追加されます。

診断

検査結果をもとに、治療計画について診断結果をお伝えします。相談時に話し合われた治療方法で行われるのか、追加の治療や変更などはあるのかなど、より具体的な話し合いがされます。

一次手術

インプラント体を骨に埋め込む手術が行われます。以前は無菌の手術室が必要とも言われていました。しかし、口腔内の治療なので唾液による感染は防げないにも関わらず、治療結果に差異がなかったことから、それほどの滅菌状態は必要ないということが現在の主流となっていっます。

歯茎の切開、骨へのドリリング(穴あけ)、インプラント体の埋入、歯肉の縫合の順で進みます。1ピースインプラントはここで終了し、上部構造の型採りへと進みます

二次手術

インプラントが埋入された付近の歯肉を切開し、インプラントが骨に結合していることを確認したら、キャップを外してアバットメントを装着します。
この時のアバットメントの形状に沿って歯肉が治癒することを狙いますので、ヒーリングアバットメントなどとも呼ばれています。

型採り

粘膜が治癒したらアバットメントを交換して型採りをします。この際に使う道具を印象用コーピングと呼びますが、これをそのまま型採りする場合と、ネジを外して行う取り込み印象という方法とがあります。

上部構造の装着

型採りしたものを石膏模型に起こし、それを使って歯科技工所にて上部構造を作製します。製作された上部構造は、アバットメントに取り着けられ、噛み合わせの調整をして完了となります。

メインテナンス

天然歯に近いとは言われているインプラントですが、免疫機構や咬合時の圧力負担は異なります。これらの違いをカバーするために、噛み合わせの調整やクリーニングがおっkなわれます。一般的には3ヶ月前後に一度のメインテナンスが推奨されていますが、症状によって多少の違いが生じます。