ホワイトニングのメリット

笑顔は万国共通

今日、世界中のどこであっても、笑顔が喜ばれることは誰も疑いようのない事実だと思います。どれほどドレスアップしていても、どれだけ綺麗にメイクアップしても、暗い顔をしていたのでは台無しです。どこの地域でも、どの民族でも、どのような格好をしていても、笑顔はそれらに華を添えるものです。

そのせっかくの笑顔に、怠惰な生活を覗かせる黄ばんだ歯や、薬や劣化などで変色をした歯が表れると、笑顔がもたらす好印象のほとんどを消し去ってしまいます。その上、自信さえも弱々しいものになってしまいます。

ホワイトニングのメリット

笑顔の回数や美しさの違いは、仕事においても、恋愛においても、あらゆる対人関係において、不利益を被る場合もあるかもしれません。損をするとまではいかないまでも、もっと得られた笑顔からの恩恵がずっと減ったものになるかもしれません。

この笑顔というものを、より美しいものに、そして、若さ溢れるエネルギッシュな笑顔にするということは、人生にどれほどの恩恵をもたらすか想像に難くないと思います。

ホワイトニングによるメリットはまさにそこにあるといえます。

見た目の調査

ある調査では、最も目が行く所は目元で、その次に口元だという報告がされています。別の調査では歯が白いと5歳ほど若く見えるという報告もあります。

顔の中で口元は一番動きが目立つ所です。直接的に見ないかもしれませんが、お顔の全体の印象として歯の白さは大事な役割を担っています。

また、白という色は清潔さや明るさを連想します。このようなイメージのあるものが顔の一部にあるということは大きな魅力となるでしょう。

反対に、黄ばんで着色だらけ、歯茎からは出血がみられていれば、暗い印象や内向的なイメージを与えてしまうかもしれません。

実際に、ホワイトニングを行なった患者様は以前より顔が明るくなり、よく笑うようになることが多いです。以前よりも自信が出てきている人もいます。歯の色がコンプレックスで、笑う時に口元を隠していた患者様は、今ではむしろ「よく見て欲しい」と言いながら笑っていました。

歯を白くするメリットというのは、はっきりと列挙できるものばかりではありませんから見逃されがちになりますけれども、大きな大きな変化をもたらせてくれることだと思います。

治療にもたらすメリット

また、治療において現実的なメリットとしても、歯を削って白い被せ物をする必要がなくなることは生体保存の観点からも大きなメリットだといえます。たとえ削って被せ物をしなくてはならなくなったとしても、内部の色が白いことで透過性のあるオールセラミックやラミネートベニアなどの治療において、歯質削除量が減らせることになりますし、それに伴い技術難易度が下がるので治療結果の満足度が向上することになるはずです。