ホワイトニングの禁忌症 ~知覚過敏~

知覚過敏の原因

歯の表面は歯冠部分はエナメル質、歯根部分はセメント質という組織に覆われています。そして内部に向かって象牙質、歯髄組織と続きます。知覚過敏は主に象牙質より内部の組織に冷たいものや甘いものなどが触れると生じるといわれています。その際に、象牙質内部では象牙細管という構造物の中にある水分が歯髄側に移動することで神経終末が刺激されるといわれています。

知覚過敏

歯根の露出

知覚過敏が生じる状態の代表的なものとして、歯根の露出があります。歯根露出は強すぎるブラッシング圧や歯周病など、様々な原因によって歯茎や骨が下がり、歯根が見えてしまう場合によく生じます。また、歯肉に覆われているものの、内部では骨が下がって歯根が露出している場合でも知覚過敏が生じることがあります。分岐部病変といわれる病態などにそのような状況が作られやすいです。
歯根の表面にはセメント質が存在していますが、その厚みは髪の毛1本分くらいでありますので、ある程度以上の刺激では知覚過敏を生じさせてしまうようです。

くさび状欠損

歯ぎしりや食いしばりなどを高頻度で行なっていると、その時にかかる咬合圧によって歯頚部といわれる歯冠と歯根の境界部分付近に応力がかかりエナメル質が壊れます。
これにより露出した象牙質に冷たいものなどの刺激が加わると知覚過敏が生じます。

亀裂

大きな力がエナメル質に加わって亀裂が入ることがあります。厳密には微小な亀裂は無数にあるのですが、内部の象牙質に亀裂が及ぶと、肉眼でも確認ができるようになります。この亀裂はエナメルクラックなどとも呼ばれ、歯ブラシが入らないので着色してしまったり、虫歯になったりもします。無症状のものも多いですが、時に知覚過敏を生じることがあります。

咬耗

歯ぎしりや食いしばりなどによって、エナメル質が擦れて薄くなる場合があります。また、時には欠けてしまうことすらあります。この部分も象牙質が露出しているか、それを覆うエナメル質が薄くなってしまっているので、刺激を伝えてしまうことがあります。

外傷

歯ぎしりや食いしばり、もしくはぶつけてしまったなどの刺激を受けて、内部の神経が興奮状態になれば知覚過敏を生じることがあります。これは、歯科治療や薬剤などの刺激によっても起こりうるものです。

栄養状態

何年も歯根露出をしていると、通常であれば、その表面の象牙細管には唾液からのカルシウム塩が沈着することで、もしくは石灰化度を増すことで管周象牙質という管の壁が肥厚します。そうすると相対的に管間象牙質という管の内部は細くなり、内液の動きがそのうちなくなり刺激を歯髄へ伝えにくくします。そうであっても知覚過敏が生じてしまったり、発現と消失を繰り返すようであれば、歯ぎしりの他に身体の栄養状態に過不足があることが考えられます。

まとめ

臨床的にはエナメル質と象牙質の違いを表面から確認することは困難とされています。また、それらの境界部は直線的でも曲線でもなく、均一な厚みを保った構造はしていません。
ですから、生じる知覚過敏の症状もまちまちです。全てを機械的に治療するのではなく、よう状態を把握してその時に対応する形で適切な処置を行うことが望ましいと考えます。
ホワイトニング剤による刺激や象牙質の変性などによって知覚過敏が増す場合がありますので、これらに対する処置を行っておくか、知覚過敏が生じた際にどのようにするかを話し合ってからホワイトニングを行うことが望ましいです。