ホワイトニング治療の流れ

オフィスブリーチ

オフィスホワイトニングの治療の流れ

1,相談
嗜好品、生活習慣、女性では妊娠の可能性、薬剤(特にテトラサイクリン)の既往などを問診します。また、費用、期間、注意事項などの説明があり、ホワイトニングの治療の流れについてお話しします。

2,診査・診断
治療することが決まりましたら顔やお口の診査を行います。虫歯の有無、知覚過敏の有無、歯石や着色の有無、顔色、歯垢の清掃状態などの診査を行います。
その結果を踏まえ、どのようなホワイトニング治療が良いかを話し合います。

3,術前処置
色調の確認をし、写真などに記録しておきます。
また、可能であればホワイトニング治療の前日までにクリーニングや歯の研磨を行い、エナメル質の表面に着いた着色を除去します。また、歯肉炎や歯周炎などによる出血や滲出液の影響でホワイトニング治療が中止にならないように前もって改善しておきます。

4,ホワイトニング処置

・マスクをし、開口器を装着します
・歯肉保護用のレジンを歯茎に塗ります
・ホワイトニングジェルを歯に塗ります
・光の照射をします。これは用いる薬剤により時間も回数も異なります。
・ホワイトニングジェル、歯肉保護用レジンの除去
・フッ素などで歯の中和処置をします
・歯の表面を清掃、研磨して終了です
 

5,メインテナンス
数ヶ月に一度、着色の後戻りのチェックをし、必要があれば簡易なホワイトニングを再度行います。