ホームホワイトニングの手順

ホームホワイトニング

歯科オフィス(医院)で行うホワイトニングということで、オフィスホワイトニングと呼ばれるようになったものがありますが、自宅(ホーム)でホワイトニングを行うホームホワイトニングというものもあります。

ホームホワイトニングは自宅でマウスピースの中にホワイトニング剤を入れて、毎日2〜数時間装着することを2〜6週間ほど行うことで、歯の表面から白くする方法です。

日本で最初に厚生労働省に認可されたものは「NITEホワイト・エクセル」というホームホワイトニング剤になります。成分は過酸化尿素10%を主成分としたものになります。

これはアメリカで取り扱われているホワイトニング剤の2世代ほど前のものになります。最新のホームホワイトニング剤は知覚過敏抑制成分を含み、効果を高める為に過酸化尿素の濃度が上がっています。もしくは、過酸化尿素に加えて過酸化水素を含むものも市場に出回っています。

これらは第一世代のホームホワイトニング材と比べると効果が高いものとなっているようです。ホワイトニング効果は出るようなのですが、術前の歯科医師による診査・診断、術前処置を受けずに自己判断でホームホワイトニングを行うと、思わぬトラブルを被ることがあるようです。

日本で認可されているホームホワイトニング材

その他、認可されているホームホワイトニング材とその成分は次のようなものがあります。
・NITEホワイト・エクセル  10%過酸化尿素+カルボポール他
・松風ハイライト・シェードアップ  10%過酸化尿素+カルボポール他
・ウルトラデントオパールエッセンス 10%過酸化尿素+カルボポール他
・CGティオンオフィス  10%過酸化尿素+カルボポール、酸化亜鉛他

トラブルの内容としては、帯状の変色、十分な効果が得られない、知覚過敏の発生、適用法や使用方法の誤りなどがいわれています。

個人輸入で手に入れることが出来ますが、****で示した通り、多かれ少なかれ歯に作用が起き変化が生じるものです。また、過酸化水素などは刺激性のある薬剤になりますから、注意して行なって頂きたいと思います。

ホームホワイトニングの手順

1:口腔内診査
齲蝕、歯周病、その他の口腔疾患の診査をします。必要に応じてX線診査や歯髄診断なども行うことがあります。また、ホワイトニング直後には治療が行えないことから、修復物への対応も相談しておく必要があります。歯石・プラークなどが歯面に付着していないかを確認してゆきます。また、歯間乳頭に発赤や腫脹がないかなども確認しておく必要があります。

2:歯の色の診査
シェードガイドによる視感比色、口腔内写真撮影、場合によっては測色器による計測数値記録などにより、術前の色調の診査・記録を行います。

3:カウンセリング
歯の変色部位や程度を相談し、適切なホワイトニング方法を決めます。

4:歯面清掃
除石、PMTCを行い、ホワイトニングの準備を行います。これはオフィスホワイトニングに準じます。つまり、研磨剤を使用して低速でブラシコーンにより歯面研磨を行います。場合によっては細部のステインをクイックジェットなどで除去します。

5:印象採得
ホワイトニングに使用するマウストレーを作る為に、口腔内の印象を採ります。一般的には全顎のアルジネート印象が行われます。歯頸部の歯肉との境界がしっかり印象が採れているかが重要になってきます。また、口腔前庭、歯間乳頭、最後臼歯遠心面などの正確な印象が望ましいです。

この後、アルジネート印象に硬石膏を気泡が混入しないよう留意しながら注ぎます。上下顎ともU字型になるように石膏を注ぎます。

6:発注
マウストレーを作成してもらうために、歯科技工所などに注文します。

7:マウストレーの試適
出来上がったマウストレーの適合を確認します。浮いているところが引っかかりなどを診査してゆきます。また、マウストレーの辺縁が歯肉に擦れるなどして傷付けそうなな所がないかを確認し、必要に応じてトリミングを行います。さらに、患者自身によるマウストレーんも着脱が可能かを確認し、難しいようであれば着脱の練習を行います。

8:使用方法の説明
ホワイトニング剤の量はレザボアの容積よりもやや多めにします。トレーが歯面に圧接された時にトレー内部にやや広がる程度に量です。1歯あたり米粒大かもしくはやや少ない量を適用するように説明します。トレーのマージンからはみ出さない状態を確認してもらいます。はみ出した場合は、歯ブラシや綿棒、ティッシュなどで除去してもらいます。

トレーを口腔内から外した際には、うがいをしてもらい歯面からホワイトニング剤を除去します。またトレー内部のホワイトニング剤も水洗してもらいます。

保管は薬剤を水洗してティッシュペーパーなどで水分を拭き取って、乾燥させて保管するように説明します。入れ歯のように乾燥を防ぐ必要はないので水中保管などをする必要はないことを伝えます。

乾燥させるためにドライヤーを使用したり、消毒のために熱湯をかけるなどを行うと変形してしまうかもしれないので、行わないように注意します。

9:ホームホワイトニングの開始
自宅でホワイトニングを行なってもらいます。始める前に、歯磨剤を使って歯面を丁寧に清掃し、デンタルフロスを用いて歯間のプラークも除去します。鏡で歯肉に発赤や腫脹がないか確認してもらってから開始してもらいます。

レザボア内に適量のホワイトニング剤を入れてトレーを口腔内に装着します。

1日2時間の使用ですが、1時間1時間などのように、分割して行なっても問題はありません。ただし、夜間就寝時の使用は避けてもらうよう説明します。
装着期間は「連続した」2週間が基本です。

10:経過のチェック
2週間ほどで再来院してもらい途中経過をチェックします。
色調変化、知覚過敏の発生状況、トレーの使用状況などを確認し、効果に応じてやり方を変えるなどの注意をしてもらいます。

11:終了
ホワイトニング効果に満足がゆく場合には、終了となります。その際には術後写真を撮影します。また、後の後戻りも配慮して色調の記録を行います。

ホワイトニング終了後から2週間ほどかけて色の後戻りがみられます。これはホワイトニングによる歯面の光学特製の変化や性状の変化が、唾液などの作用で回復するためだといわれています。ですので、ホワイトニング終了の2週間後の色調が継続することを説明します。

12:リコール
3〜6ヶ月の間隔でリコールを行い、色の後戻りのチェックを行います。また、白さの維持のためにPMTCを行うこともあります。再漂白をする場合、初回のホワイトニングよりは短期間で明度の回復がみられます。

簡単で気軽に行えることがホームホワイトニングの長所ではありますが、厳密には上記のような手順を踏むことが推奨される「治療」という側面も持ち合わせます。効果が得られなかったり、思わぬ不快症状に遭遇しないよう注意する必要があります。