上部構造の問題点

インプラントバブルからの移行期

インプラント治療において注目されがちなものとしては、多くの場合は手術のことになってしまいます。けれども、その後に長く使用し、かつ長期的な予後を決めるものとして上部構造について検討することは欠かせないものです。一度埋入してしまったインプラントは、基本的には何もすることが出来ません。手を加えるとするならば、修正を利かせるのであれば、上部構造のみになります。インプラント手術が外科分野であり、上部構造が補綴を主にしたその他の分野であることから、その両輪がうまく回らなければ治療の成功はありません。以前はボトムアップトリートメントという概念でインプラント治療は行われていました。これはとにかくインプラントを骨に埋入さえすれば、上部構造でなんとか噛めるようにすればいいというものでした。近年ではそれらの治療の予後の悪さを省みて、トップダウントリートメントというものがいわれています。これは先に上部構造をイメージしてどのような噛み合わせにするかを考えてからインプラントを埋入するという方法になります。たったこれだけの違いですが、治療計画から上部構造の形態などまるでちがったものになってしまいます。トップダウンで考えた場合、アクセスホールが中央にきてしまうというのは不利に働くことが予想されます。そうするとセメンティング操作になりますけれども、これも補綴主導の先生の方が有利になってくることが予想されます。

近年では、多くの歯科医師がインプラントは確立されている治療方法であり、安全性も向上したものであると唱っています。一部については全くその通りで、解剖学的な問題は別にして現在のインプラントの品質を考えますと、ほぼ誰が行っても治療の差異は生じないくらい良質なものになっています。つまり、多くの場合でオッセオインテグレーション(骨結合)を達成することは難しいものではなくなったということです。そのような意味では移行期を迎えている訳ですから、彼らが言うように、インプラントが本当に確立された治療方法であるならば、虫歯や歯周病の治療と同様の扱いになるべきで、従来の埋入本数の自慢合戦は何の意味もなくならなくてはいけません。その辺りは先駆者利益の問題も絡んでくるのでしばらくは現状は変わらなそうですけれども、インプラント治療を取り巻く状況は変わってきていることは確かなようです。現状のまま一部が囲い込みや低価格化で押し切る形で進めても、患者様にとっての利益が拡大する様子はみられません。確立されたものであると主張するのであれば、最新だの最先端だのと強い言葉は取り下げて、患者様に正確な情報が伝わる事が望まれます。

インプラント上部構造

上部構造のデザイン

コンタクト

隣同士の歯が接触する部分をコンタクトと呼んでいます。このコンタクトは天然歯であれば50~70μmほどの距離が望ましいとされています。これは天然歯に力が加わると動く性質があるため成立しています。しかし、インプラントの場合は直接骨に結合しているので動きません。したがって、通常のコンタクトの調整ではインプラントがある場合は不適切になってしまうようです。しかし、天然歯でも正常にコンタクトが出来ている訳ではなくても機能していることや、インプラントとコンタクトとの距離やそれによるコンタクト位置の高低など、まだわからないことが多い部分でもあります。

直径

インプラントは太いものであっても4~6mmほどのものです。ほとんどの場合、上部構造の方が圧倒的に大きくなり、いわゆる”頭でっかち”状態になります。このような形態になると、インプラント頚部の清掃性が管理しにくくなってしまいます。また、咬合圧の当て方がインプラントの長軸方向に向かなくなってしまうこともありますから注意が必要です。

固定方法

インプラント体と上部構造を連結す方法は、現在は主にスクリュー固定とセメント固定があります。これらについては後日に詳述する予定です。