不正咬合 〜上顎前突〜

出っ歯

上顎前突の特徴

不正咬合の中の一つとして上顎前突というものがあります。様々な要因で上の前歯が前方に出ているように見えます。一般的には出っ歯などと呼ばれることもある状態です。これには、前歯が大きくてそのように見える場合もあります。特に生え変わりの時期は乳歯よりも永久歯の方が大きくて目立ってしまうからです。厳密にはこれを上顎前突とはしないものの、そのような場合においても上顎前突が絡んでくることが多いので、注意深く経過観察をしていく必要があります。

骨格の問題

上顎前突の状態はいくつかあります。まず一つは、上顎の大きさに対して、下の顎が相対的に小さいために生じる場合の上顎前突です。これは骨格的な問題を含みますから、遺伝的な要因も考慮に入れなくてはいけません。上顎と下顎の不均衡については、いくつかのパターンがあります。一つは、上顎骨が正常だけれども、下顎骨が小さい場合です。二つ目は、上顎骨が大きくて、下顎骨は正常の場合。三つ目は上顎骨が大きくて、下顎骨も小さい場合です。これらのうちのどれかに属するかで治療方法も異なって来ます。

歯の問題

骨格は正常であるのに、歯の傾き具合が強く出てしまったために上顎前突になってしまうことがあります。この場合は、上の前歯が前方に傾いてしまっている、下の歯が内側に傾いてしまっている、もしくはその両方の動きによって生じます。歯の傾きは歯の生えられるスペースの増減に関わりますので、その動き方によって治療方法が変わって来ます。

骨と歯の問題

例えば、指しゃぶりを長い間していると、上の前歯が前方に倒れ、下の前歯が後方に倒れます。また、それと同時に指しゃぶり時の強い陰圧によって上顎骨が側面方向に成長しなくなることがあり、それに合わせて下顎骨も側方に成長しなくなります。

また、上顎骨が下顎骨の大きさに対して大きいにもかかわらず、上顎前突に見えない場合もあります。この時、上の前歯が後方に傾いて下の前歯と接触があるからです。

その他の原因

アデノイドの肥大のある方は上顎前突になる傾向が強いとされています。