小児歯科に大切な情動の発達

子供は大人の縮小版ではない

小児の歯科治療をお任せ頂く際に、「とにかく早く終わらせてくれ」「いっぺんにできませんか?」と親御さんにお願いされることがよくあります。この傾向は歯科医院への通院歴の浅い方に多い気がします。何度も通っている方は、小児歯科で随分と苦労されてきたみたいで、新たな取り組みに期待しているかのように待って下さいます。たしかに、小さなお子さんを連れて何回も歯医者に通うのは大変だと思います。どうせするなら毎日一生懸命に仕上げ磨きをする大変さを味わって頂いた方がいいのはもちろんです。当然それには配慮して出来るだけ沿えるようにしたいのですが、一番配慮してあげたいのはまずはお子さんの気持ちになってしまいます。

小児歯科治療の主な対象は乳歯です。放って置く訳にもいきませんが、いざとなればどうしても治療しなくてはいけないものでもありあせん。その下に永久歯が控えているからです。後のことを考えて処置しておかなくてはいけないような治療はごくわずかです。それよりも、押さえつけてまでして歯科治療が怖いものだと思われてしまえば、その子のその後の人生にどれだけの不利益を与えてしまうのだろうかと考えてしまいます。歯医者さんの前を通るだけで足がすくんでしまうお子さん、ひきつけを起こすのではないかと心配になるくらいに泣くお子さん。本当にたくさんいらっしゃいますが、聞けば歯医者さんで泣き叫ぶものだからビンタをされてしまった、みんなに押さえつけられてしまった、など大人でも恐くなってしまいそうな体験談をお持ちの方が多いです。大人になっても歯科治療に強い恐怖心を持つ人がいますが、多くが幼少期に恐い体験をしています。そして、そのうちの多くの方が虫歯の有病率の高いです。やはり行きたくなくなってしまっているようでした。

私の母校も小児歯科が矯正歯科と合併してしまいましたが、小児歯科を好んでやりたいという歯科医師は本当に少ないです。もちろん合併には他の理由もあると思います。私が卒業したての時にアルバイトに伺った歯科医院では小児の治療を押し付けあっていて、結局一番下っ端の私が治療をしていたので、一日中お子さんと格闘しているような日々を過ごしていたものでした。しばらくしてからも、じっとしていられない、口が小さい、唾液が多いなどの理由もあって舌打しながら治療している人まで見たことがあります。私の周りだけかもしれませんが、小児歯科をそこまで熱心に考えている人をあまり多くみたことはありません。しかし、経営コンサルタントに「小児を呼べばその家族も患者さんになってくれますよ!」と言われて一生懸命に集客している所は多いです。矯正歯科を習いたての私にとっては、ダイナミックに変化してゆく口腔内は興味津々でしかありませんでしたから、集客のネタに使われている感じがして随分と不快に感じたものでした。帰宅後に小児歯科の勉強を、深夜までしている先生は私の周りにはほとんどいなかったように思われます。

単純に小児歯科の専門書の売り上げなどを確認すれば、どれだけ興味を持たれているかが分かる分野だと思います。けれども、周りの大人がどうであれ、子供は単なる大人の縮小版ではなく、様々な部分においてまるで違う存在です。小児治療というものは人間の発達ととても密接な関係があります。これから、骨の成長の様相について各骨の発達やその成長の制御因子などについて触れ、また社会性と行動の発達も欠かせないので学習と行動発達、情動と認知の発達段階についてお話ししてゆこうと思います。

情動の発達 

繰り返しますが、子供は大人の縮小版ではなく、発達過程の重要な瞬間を毎時間迎えている存在です。一般的には、各年齢においてどのような情動が発達してゆくのかを知っておくことは、接してゆく面でも治療の面でも必要なことだと考えます。小児歯科や矯正歯科では様々な特徴を把握するべく学んでゆくのですけれども、今回は特に「エリクソンの情動発達段階」というお話を中心に進めてゆこうと思います。今日の情動の発達についてはSigmund Freudの性格の発達に関する心理分析理論に基づき、Erik Eriksonが大きく発展させたといわれています。ただ、Freudの提唱した精神性欲の段階とEriksonの業績はかなり大きく離れたものです。Eriksonは人格の発達を示す「人生の8期」を提唱しています。これは心理社会的な発達は臨界期性を示すという考え方を示したものです。この場合での臨界とは、前進と後退、人格形成と精神発達遅滞との間の転換点を意味します。このことは、各発達段階で社会的影響を受けることによって、好ましくない人格形成が行われうような心理社会的危機も内包しています。

エリクソンんの情動発達段階
暦年齢はエリクソンの発達段階に対応しているものの、当然に個人差があります。しかし、その発達順序は一定です。身体の発達と異なる点は、初期段階の性質ではその意志は確定しきれず、あとになってから分かることも多いということです。

1,基本的信頼 対 基本的不信
2,自律性 対 恥と疑い
3,自発性 対 罪悪感
4,勤勉 対 劣等感
5,人格的同一性 対 役割の混乱
6,親密さ 対 孤立
7,次世代の指導 対 沈滞
8,統合 対 絶望
 

これらについて、今後詳しくお話ししてゆこうと思います。