歯並びが悪くなる原因 ~歯の生え変わり~

歯の生え変わり

一般的には5、6歳になるといよいよ乳歯列期は終わりを迎え、永久歯の萌出が始まります。この年齢には個人差があり、6±2歳くらいと幅があります。

永久歯の生え始めの頃によくある問い合わせに「前歯の後ろから歯がはえてきた」というものがあります。

これに対する処置は抜歯以外にも色々と考えられますが、親御さんの心配を他所に多くの場合に経過観察となります。

歯科的な判断で明らかに抜歯が有効とされる場合以外では、本人の気持ち(恐いなど)が優先される方が、その後の治療も良好に行えることが多いからです。

晩期残存

それぞれの乳歯には、自然に脱落して永久歯に生え変わる時期があります。先ほども触れましたが、個人差による生え変わりの誤差は生え変わり年齢±2歳くらいです。

これはあくまでも目安でして、生え変わり時期の早い子では幼稚園生の頃から開始されます。一方で、生え変わりの遅い子はしばらく乳歯列のため、親御さんが心配になって来院されます。

遅くなる理由としては様々なことが言われていますが、萌出スペースの不足により出てこられない場合や、栄養障害などで遅くなることもあります。また、外傷などによる乳歯の早期脱落によって永久歯放出予定の部位の粘膜が治癒してしまった場合などでは、永久歯の放出が遅くなることもあります。

いずれにしても、標準的な生え変わりの年齢を過ぎても乳歯が残存する場合、これを晩期残存と呼びます。

永久歯はその根がおおよそ3/4完成した時点で先行乳歯と交換するといわれています。この時の乳歯の根の吸収具合が、自然脱落と交換が起きるかどうかの判断材料となります。

この時点において乳歯が残存している場合、晩期残存とみなして抜歯されるべきではあります。永久歯の歯根の完成具合からすると移動が始まっており、乳歯の晩期残存はその萌出経路の邪魔をしてしまう可能性があるからです。

ただ、もし永久歯の一部が見えてきていても乳歯が唇舌方向に1mm程度動くようであれば、自分で歯をグラグラと揺すって抜くようにしてもらいます。それで駄目な場合はガーゼでつまんで抜去したり、通法の抜歯が適応されます。

多くの場合において、乳臼歯は複数の歯根を有しており、晩期残存する場合はどこかの歯根がそのまま残っていることが多いです。

乳歯の晩期残存の問題点は

・歯肉の炎症や増殖がみられる
・疼痛や出血が生じる(歯肉炎由来)
・萌出経路が歪められる
・排列異常や交叉咬合になる可能性がある

などです。しかし、歯肉炎に関しては若年性の歯周炎に発展する可能性は低く、乳歯脱落後に自然に治ることが多いです。それよりも、清掃不良によって隣在歯に齲蝕が出来てしまったり、一部が見えている永久歯のその部分が白濁や齲蝕になってしまうことが心配されます。

晩期残存歯への対処

萌出経路が歪められた場合であっても、乳歯が抜去され排列スペースが十分にあれば、口唇や舌の平衡力によって中程度の位置異常であっても自然に治ることが多いです。

冒頭にありました「歯が後ろから生えた」という問題も、実は歯胚の発生位置が舌側にあることによるもので、一般には切歯は舌側に萌出し、乳歯が脱落すれば唇側に移動します。

犬歯や小臼歯は頬側、舌側の両方に生えてくる可能性があり、萌出後に正しい位置に移動していく傾向があります。これらは上下顎の歯の咬合が成立すると自然に正しい位置に移動することが難しくなります。