歯周病とレントゲン

パノラマ写真
よくある歯科医院での風景で、定期検診でレントゲン撮影をして「あなたは歯周病ですね」ですとか「あなたは歯周病ではないようです」などの会話が毎日のように見られます。しかし、この当たり前のように行われていることが、実は間違っていたとなると大変なことになってしまいます。今回は、歯周病の診断とレントゲン撮影についてお話ししてゆこうと思います。

レントゲン撮影での診断

近年、歯科の領域ではエックス線撮影のデジタル化によって被曝量も減ったといわれています。それでも事あるごとにいちいちレントゲンを撮る慣習の残っている歯科でも、人間ドックや健康診断の盛んな日本においては、医療被曝の問題にも真剣に向き合わなくてはいけない時期をそろそろ迎えるのかもしれません。また、この10年ほどで値段が3分の1程度にまで下がった歯科用CTも、値段に反比例して普及しつつあり、よもやこのようなことでもCT撮影をするのかという場面も増えています。例えば、私の知っている範囲では、薬液を使ったクリーニングの前後に全顎のCT撮影を行なっているシステムがありました。骨や炎症の回復する期間を考えても、その撮影時期と頻度にはヒヤヒヤしたものです。

被曝量の問題を考慮しておけば、レントゲン撮影は現在でも非常に有効な検査のうちの一つです。被曝があるとはいえ非外科的に人体の構造物の内部を観察出来るのですから、本当に素晴らしい技術です。歯科では、パノラマエックス線撮影と呼ばれる鼻の中ほどから喉仏のあたりまでに至る範囲を平面状に表してくれる撮影方法があります。私はあくまでもスクリーニングのため、大まかに全体像を把握するために許可を頂いてからこの撮影をさせてもらうことがあります。このパノラマエックス線撮影も近年ではデジタル化が進み、精度がとても高くなってきています。しかし、長期にわたり経過を観察し、過去と比較することが必要な歯周病の治療においては、毎回同じ断層面を撮影することが必要になってきますので、パノラマエックス線撮影は不向きです。

なお、歯科用コーンビームCTにおいては、現時点では診断基準が明確に定められていないので、歯周治療においては一般的には用いられる状況にありません。おそらく、同じ理由で矯正治療の診断についても有効かどうか明確にお答えできる状況にはないでしょう。あくまでも、外科的な処置を行う場合や、インプラントの埋入予定の骨の形態を3次元的に把握したい場合の非常に有効な手段となります。

レントゲン上での歯槽硬線

歯は歯槽骨にある歯槽窩という穴に埋まっていますが、直接に骨と繋がっているわけではありません。シャーピー繊維と呼ばれる靭帯が歯根側ではセメント質に結合し、歯槽窩側では一部が内部に入り込んで骨を繋いでいます。このシャーピー繊維が歯槽窩に入り込んだ部分をレントゲンで観察すると白くなっています。この白くなっている部分を歯槽硬線と呼びます。

この歯槽硬線が消失されていることが観察できれば、歯周組織に破壊や炎症が生じているのではないかという考えのもと、多くの研究が行われてきました。エックス線写真に写る歯槽硬線は、接線効果によりエックス線の主線の方向と平行に存在する皮質骨(シャーピー繊維が入り込んでいる部分)の連続した部分が三次元的なものを二次元のフィルムに投影されるときに白く強調される部分です。そのため、厚みのある部分では一部に骨の破壊が生じていても写らないこともあり、反対に、厚みがない部分やエックス線の主線と平行でない部分などははっきり写らないこともあります。多くの研究では、このことよりエックス線上の歯槽硬線を歯周組織の臨床的パラメーターの相関関係はみられなかったことを示しています。

レントゲンの役割

エックス線写真から多くの情報が得られることは紛れもなく事実です。ただ、歯周病においては、そこに映し出されるものは骨像です。炎症によって変化した結果であり、現在の炎症のそのものを反映している訳ではありません。骨像を元に、その他の様々な検査を組み合わせて三次元的な骨の形態を把握し、明確に存在する二次元の診断と照らし合わせてさらに多くの情報を得ようとするものです。ですから、そのほかの検査が行われていないか、もしくは簡易的であったり適当なものは論外になります。