不正咬合 ~下顎前突~

下顎前突の特徴

不正咬合に分類される歯並びの内の一つに下顎前突というものがあります。一般的には受け口などと呼ぶ場合があるようです。通常、上の前歯は下の前歯よりも表側に生えているものですけれども、この下顎前突は何らかの要因によって、それらの関係が逆の状態になってしまっています。他の不正咬合が習癖による影響も強く受ける中、下の顎を前に出す癖なども影響もわずかにありますけれども、下顎前突の場合、その多くは遺伝的要素による影響の方が強く出る傾向にあるようです。

歯の影響

下顎前突の症状が軽度であった場合、その時は普段通りに噛み合わせを行うと上下の前歯は切縁同士で接触することが多いです。そのままの状態であれば、そこまで受け口のような歯並びになりません。しかし、何らかの形(それは指しゃぶりの影響かもしれませんし、上唇を噛む癖かもしれません)で下の前歯が前方に傾斜したり、上の前歯が後方に倒れてしまうと下顎前突の状態となってしまうことがあります。これは骨格的には正常な状態でも生じてしまいます。歯の生え変わるタイミングにおいて、萌出方向を注意しなくてはいけないのはこのためです。

骨格の影響

下顎前突の場合、前述した通り骨格の影響がとても強く出ます。上顎骨と下顎骨の関係は

・上顎骨が正常で、下顎骨が大きい

・上顎骨が小さく、下顎骨が正常

・上顎骨が小さく、下顎骨は大きい

のうちのどれかに当てはまる場合がほとんどです。

下顎前突

特に下顎骨が大きい場合、アクロメガリー(末端肥大症)を伴っていないかの判断も重要になります。それとは違い、上顎骨の劣成長による反対咬合では顔を横から見ると三日月のように見えます。それにより、三日月様顔貌などと呼ばれる状態になりがちです。上顎が小さいケースでは矯正治療のみによる治療は難しくなります。よって、将来的に外科手術も検討しておく必要があります。その際に、上顎骨の成長を促す治療を行うことで成長不良を補い、程度を軽減させておくことまで検討する必要があります。