専門家としての歯科衛生士

歯科衛生士の仕事は今後益々その重要性を増すと考えられます。しかし、それとは裏腹な方向に歯科衛生士を取り巻く環境は大きく変化してきていて振り回されているのが現状のようです。専門家としての歯科衛生士であるためにどうするか?を考えます。

歯科衛生士の仕事

近年、口腔と全身との関係が注目されてきています。そのような流れの中、歯科衛生士の仕事は今後益々重要な役割になってくることが予想されます。この記事ではその歯科衛生士の仕事について重要な概論を行っています

歯周病と誤嚥性肺炎

一般的には歯周病と誤嚥性肺炎とは関係があるとされています。しかし、実際に高齢者に行われる処置は歯周治療であり口腔ケアになります。これらの矛盾が生じた原因を含め、歯周病原細菌と呼吸器疾患との関係を解説します。

根管貼薬の種類 その2

根管貼薬剤は多くの種類があり、それぞれに有効性と注意点があります。今回は水酸化カルシウム製剤やホルムアルデヒド製剤以外の根幹貼薬剤について特徴を解説しました。